少年合唱 REGENSBURGER DOMSPATZEN ~ 抜群の安定性で集中して曲を楽しむことが出来るChoir2015年02月21日 22時18分37秒




 私が少年合唱に全力で夢中になっていた頃は、レーゲンスは完璧ラッツィンガー時代で、その演奏の隙のなさに、当時、私は入って行けなかったのですが、数十年後に両シュレムスのレコードで目覚めて以来のレーゲンス・ファンです。という割にはレーゲンスを数年ぶりに聴いていますが、私の愛機Tivoli のCDプレーヤーにピッタリの素晴らしい演奏で本当に大満足です。なんて上手いんだ!(なんてステキなプレーヤーなんだ・・・)
 ここ数年はキングスカレッジのレコードを集中して聴いていたのですが、レーゲンスの演奏も彼らに通じる完成度の高さがあるけれど、違いは、レーゲンスの場合、アルトパートを男声ではなくて少年声が担当していることが大きいです。
 しかも、この盤には、少年声にプチ・スーパー・ソリストくんが存在するのです。(プチというのは、もっと歌って欲しかったから。) そのスーパーな声は12番と22番、24番で聴くことが出来ます。12番ですが、ソプラノソリストくん、宗教曲で、こんなに艶っぽくドキドキさせてくれて・・・良いのでしょうか? 次のアヴェ・マリアに繋げていくのですが、その合唱が又、良いのですよね。
 宗教曲集CDかと思ったら、おしまいの数曲の傾向が変わっているのは何故なんでしょう。
 24番が「夜」です。この曲はパリ木とか、LES CHORISTES のモニエくんの曲という印象が私にはありましたが、レーゲンスの分厚い完璧な合唱を背景に歌われるソリストくんの演奏もなかなかに魅力的です。レーゲンスってソリストの印象が薄いですが、この盤での少年ソリストくんの存在感はかなりのものです。もしかしてソリストくんのための選曲?
 とにかくレーゲンスは文句なく上手い! せっかくのプレーヤなので、これからレーゲンスのCDを出して来て聴こうかな。

合唱こそ命 ~ レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊2011年08月15日 14時19分52秒




JohannesーPassion BWV 245(Archiv Produktion/3310 416-418/1979)
Regensburger Domspatzen / Collegium St. Emmeram /Hanns-Martin Schneidt

Tenor(Evangelist)Heiner Hopfner
 Bass (Jesus) Nikolaus Hillebrand
Boy Soprano (Arias, Maid) Frank Sachesch-Pur
Boy Alto- Roman Hankeln
Tenor(Arias, Servant)Aldo Baldin
Bass (Peter, Pilate, Arias) Hans Georg Ahrens

 もう30年近くも前のことです。当時のCHOIR友だち(Mさんお元気ですか?こちらはひっそりとファンを続けていま~す)から「下手だけれど、あげる」という一言付きでいただいたのが、このカセット3本組でした。その方、たとえば、当時、テルツとWSKのドイツ・ミサを聴き比べてWSKに軍配を上げていたので、おそらく文系揺らぎよりは理系端正さに惹かれていたんだろうと思います。とにかく中でもドイツ語系のCHOIRに特にも詳しい方でした。(以上、思い出話)

 古楽器かな?GOOD!です。 何よりもレーゲンスの合唱とコラールが良いです。音の成分の中に、人間的な狡さが心のいやらしさが無いので聴いていて疲れません。もしかしたら合唱は人間の愚かさを出した方が作品として立体的になったのかもしれませんが、それは他の演奏団体がすれば良いことですものね。(赦免して欲しいのは)「バラバ!」と叫ぶシーンですら精神がクリアに聴こえてきます。楽器のひなびた感じがコンディションの良いとはいえないテープのヘロヘロ感との相乗効果で、素朴さ倍増。でもって、聖歌隊員の域を出ないソリスト団員くんたちの真面目な歌唱力にも好感が持てます。なんといっても合唱も含めてソプラノとアルトを少年たちでまかなっているのが、超高ポイントです。

「声の過剰な演技」が大人たちにも無いので、全体的なバランスも良いように感じます。聴き所はアルトとソプラノのアリア、ですかね~。もうちょっと華があったらなあ~。譜面見て一所懸命歌っていみたいに聴こえてくるんですもの。なんて、いかん、いかん。
個人的には説明部分のパートを省いて(作品の主役が消えるけれど)、アリアだけぶつけるように歌わせてみたら面白いかも、などと思いながら聴いていました。(←この場合、演奏は別団体になるな~) それとは別に、合唱&コラールだけ聴きたい。とも。
レーゲンスは本当に合唱が麗しいです。だから、説明部分(Evangelist)も合唱でしてくれたらなあ・・・と思ってしまいます。アリアだけソリストに歌わせて、それ以外は全部、合唱で・・・なんて思って聴いていました。

レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊~もしも聖歌隊員になったとしたら・・・2010年08月14日 18時59分09秒




DOMSPATZEN(Bestell-Nr.1735878) 2008

 「輝ける天使たち」に登場したハノーファーの団員、以前の団員くんたち・・・あのようなレベルで入隊した隊員くんたちの1年が描かれています。

 最初の1日から。
 過ごす部屋にも興味津々。そっか~、もしもツバメくん(レーゲンスの隊員)になったら、こんな感じなんだ。

 隊員以前の隊員くんも、毎日の練習で1ヶ月経ち2ヶ月経つと・・・。それなりになってきます。

 このDVD、新人くんたちの歌ばかり聴かされるとキビシイからなのか、合間合間に、絵はがきのように美しいレーゲンスブルクの街の風景に、本来の聖歌隊の合唱が流れます。これが、本当に麗しいわけ。そこで一息つくと又、新人くんたちの歌・・・。これを繰返していくうちに、1年も経つと新人君たちの歌がレーゲンスの聖歌隊の演奏と違和感なくなってくるんですよね。指導ってすごいなあ。

 あ、食事のときに、レーゲンスの団員くんたちは感謝のお祈りをしていました。
(どこかのCHOIRでは、お祈り無しに、晩ご飯に群がってましたよね?)

 ステップアップすると素直にうわ~っと喜びを表現し、ダウンすると布団の中で泣きながらママに携帯で電話する・・・隊員君たちの自然な姿が等身大に伝わってきます。

 レーゲンスの川で泳いで泥だらけになったり(水は汚そうだけれど大丈夫か? レーゲンスの橋の上から見ていたいな~)、ホームシックになってママに会いに来てもらって、ママに抱っこしてもらったり・・・。隊員くんたちはまだほんの子どもなんですよね。この映像、正直に現実を見せていると思います。

 親元から離れて団体生活をするのは小さい子どもにはキビシイことであるけれど、それでもなお、その生活の厳しさをクリアしたとき、その先にある素晴らしい合唱と演奏する成長した団員くんの姿に、この聖歌隊の隊員であることの価値を、見ることができるDVDになっています。

 昔、聞かされた、「○○はタダでも入れるCHOIRだけれど、レーゲンスはお金を出してでも入りたい(親が入れたいと考えている)子どもが入っているCHOIRなのだ」という言葉を思い出しました。

追記:このDVDは、リージョン・フリーのプレーヤーで視聴可能です。
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
カウンタ設置 2010/05/30