ボーイ・ソプラノ David Meredith ~ 端正で気品にあふれたトレブル2016年08月12日 11時57分54秒



 リアルタイムに近い状態で必死の思いで入手したCDです。
どこで買えるかは見当がついていたのですが、なかなかに当時の私には購入手段のハードルが高すぎて。ですから、このCDが届いたときにはものすごく嬉しかったことを覚えています。そのときの第一印象は、どの曲も短かくて少々物足りなかったのですが、今、聴きなおしてみると全然! これぞバリバリの伝統的聖歌隊員の歌唱! あ~、落ち着く~。艶やかなソプラノでありながら、キンラキンラしないのですよ。聖堂で聴きたかったです。
 それに、リアルでは気が付きませんでしたが、とてもとても上手です。癖のないクリアな声がスーッと伸び、しかも丁寧な歌い方からソリスト君の誠実さまで伝わってきます。ボーイソプラノとして新鮮な声でありながら、安定感が半端ないです。時代も良かったのかもしれませんし、レーベルも良いですし、だからこそのソリストに相応しい品のある盤石な曲構成だと言えると思います。模範的なソリストでもあるので、曲を聴きながら、ならWSKのソリスト、ならアレッドというふうに、過去の自分の経験値トレブルデータに脳がリンクして、大切な思い出の音さえ思い出せる贅沢なCDです。

ボーイ・ソプラノ DMITRIJ BOJTSCHENKO ~ 想像を絶する可愛らしい声2016年08月12日 08時28分45秒


DMITRIJ BOJTSCHENKO <<O SOLE MIO>>

1.Ave Maria(shubert)
2."Benediktus" aus Messe B-dur (Haydn)
3.Aria No,2, aus der Kantate "Stabat mater" (Pergolesi)
4.Wiebenlied (Reger)
5.Stille Nacht, heilige Nacht(Gruber)
6.O sole mio(Italian fork song)
7.Vokalis opus 39 No.4(Rachmaninow)
8.Lerche(Glinka)
9.Wiegenlied fur Swetlana (Chrennikow)
10.ich Gehe alleine auf dem weg(Schaschina)
11.Petrograder Spatzen(Kneifel)
12.Weihnachtslied(Pantschenko)
13.Ach, Du riesige Steppe(Russisches Volkslied)
14.Einsam klingt ein Glocklein(Russisches Volkslied)
15.Ein kleiner Weg(Russisches Volkslied)

 DMITRIJくんのカバー写真を見た後で聴くと、想像を絶する可愛らしい声に絶句しそうです。予測して待った声とこれだけイメージの違う声に出会うのも滅多にないことです。声量もバッチリのキラキラした声と、見事な巻舌です。13歳くらいのときの、絶頂期の録音でしょうか。声に良い湿度があって、音の表面をカリッとコーティングしているような、素晴らしい音です。
 歌い方によって、宗教曲に聴こえる曲も、彼にかかると民族的です。お国柄でしょうか。声は何処までも出るみたいなので何でも歌うことは可能ですが、個性には向き不向きがあると思います。形式を大切にする昔の宗教系よりも、もっと新しい時代のハートを吐露するような歌い方が似合うと思うので、 7.Vokalis opus 39 No.4(Rachmaninow)や情緒的なお国の?作品の方が、彼の演奏の良さや、彼の声の凄さ=超超ソプラノを堪能できると思います。

ボーイ・ソプラノ PAUL DUTTON ~ Paul はうたう・・・2015年11月23日 10時40分18秒



 このレコードは以前から持っていたのですが、ちょっと聴くのをためらっておりました。原因はアルバムカバーの彼です。私の好みの範疇からはちょっと外した録音時期かと想像していましたので。ま、後で聴こうか、が今になっています。
 実際に盤に針を落としたら、正直、彼のソプラノは、写真から受ける印象よりも3~4歳は若い声です。もっと早くに聴けば良かった・・・。
 選曲をご覧ください。ファン心をくすぐる曲構成です。思わず浸ってしまいますね。Paul君は聖歌隊のみに留まらず、ソリストとしても活躍した少年のようです。だから、ソロやコラボ、聖歌隊の中でのソロと、残っている訳で。それでも、少年ソリストというよりも、たたずまいは、あくまでも聖歌隊所属のコリスターというカラーを護っているような演奏です。・・・にしてもクリアな声。寺院とか聖堂の中で聴きたかったです。表現者ではなくて、聖歌隊員のソロ、なんですね。16曲を歌いこなしているのはスゴイですが、できれば聖歌隊のBGM応援も5曲に1曲くらい構成として欲しかったかも、です。ハープシコードやピアノ&オルガンとの協演もステキにはステキなんですが。聖歌隊系トレブル・ソロは他のトレブルさんたちプラス、アルトやテノールの男声部あってこそ、活きる曲も多いですから。Choirからスッとこのトレブルの音が立ち上ったらゾクゾクすることでしょう。何気に巻き舌をさりげなく使っておりました。収録曲の中では、The Shepherd's Song (Elgar) が彼の声に似合っていて良かったと思います。The little road to Bethelehem は切なかった・・・。アルバムを聴いていて切なく感じるのは曲そのものなのか、演奏者の演奏力なのか、いつも疑問に感じるところなのですが、「この曲にこの声この歌い方」ということなのでしょう。2面後半に配置された曲々がより彼の声を活かしていたと思います。なんにせよ、聖歌隊員恐るべし!です。レコード面に1970の表記がありました。13歳時の録音らしいです。

 こちらは14歳時の録音かもしれません。レコードには1972の表記があります。選曲が良いですね。テクニック的に伸びていると思います。声もそれほど変わっていません。高い声も出ています。無理に変化を探すとすれば、声の片鱗にいぶし銀の味わいが出かかっているかも、でしょうか。こちらの盤にはメサイアからのアリアが収録されていますが、彼、メサイアとかレクイエムのソロのキャリアがあるようです。Liveで聴きたかったですね。この盤には、Paulのソリストとしての録音としてその他、5枚ほど紹介されていました。が、THOMAS HUNT 少年とのデュエット盤が記載されていなかったので、まだあるのだろうと思います。ヘッド・コリスターだっただけではなく、外国でソリストとして起用されたり、これだけの録音数があったりと特別な扱いを受けたソリストだったのでしょう。オルガンやハープシコードに加えてバイオリンやチェロとの相性も良い声でさすがはabbey盤に起用されたトレブルです。おそらくA面がリサイタル等で歌った曲で、B面が国民の人気曲なのだと思います。個人的には Bless this houseが収録されていて幸せ。1&2で16+11。中学1年生が変声前にこの2枚で27曲をソロしている訳です。この事実も恐るべしイギリスの聖歌隊!とか感じますね。

 イギリスには全世界的に格が違うキングスカレッジみたいなChoirがあり、キングスを聴けばすべてOKかもしれませんが、Paul君が所属していた LEEDS PARISH CHURCH CHOIR にも潜在的に熱心なファンがいると思われます。だいたいにして、私がサイトを始めるきっかけを作ったChoirがここなのです。演奏団体とタイトルだけでレコードやCDを購入していた頃、3度続けて、LEEDS PARISH CHURCH CHOIRの同じCDを購入したことがあり、コレクションの整理が必要に迫られてサイトを始めました。この聖歌隊の何がそんなにファンを引き付けるのか? まあ、聴いてみてくださいな。とってもとってもキュートなのです。Choirとソロとのバランスとか、起用するソリストが自然体なのも良いのかもしれません。ソロ盤も良いですが、Choirとの混合盤はより良さを感じさせてくれます。Choirが良いからソロが活きることを教えられます。そしてトレブルソリストくんが3人もいるこの盤は、それぞれのテイストが楽しめます。Michael Maceくんのソフトなソロにやさしく癒されたり。Paulくんがキラキラだったり。Richard BrownくんもPaulくんに匹敵する声でした。ポピュラーとタイトルされていますが、あくまでも本国ではポピュラー、ということで、なじみの薄い(ない?)曲もあり、耳を傾けて聴きました。商業的匂いのしないクリスマスキャロルでして、年に1回、聴くなら今でしょ、って感じです。


 PaulくんとThomasくんの2ショットが出てきたところで、この盤の次は、彼らのデュエット盤を紹介する予定でしたが・・・どこに入っているのか見つからないので、又、気が向いたときに。相変わらず、どらえもんのポケットをしている私です。

 さて2枚目は、教会の尖塔にある鐘のような音から始まります。そして合唱が入ってきます。この2人のために書かれた曲も収録されていました。スゴイ世界です。って、作曲者はThomasくんのお父上ですけれど。
 Paulくんのソロを聴いていると、聖歌隊が求めるトレブルソリストのタイプって、こんな感じなのかなと思います。線が細くて高くて清んでいて希薄な声。肉感的な女声と対極にあるような。・・・神様の前では、朗々と歌ってはいけないのでしょう。
 この2枚目のLPは、大人な仕上がりでした。トレブルたちのトーンが落ち着いていて全体の音質も落ち着いて聴こえるのかもしれません。Thomasくんは第2ソリストの位置づけのようで、Paulくんの前には出てきませんが、子ども子どもした声ではなさそうなので、1曲くらいソロでじっくりと聴きたかったです。Silent Night くらいは・・・。お父上が立場上遠慮されたのかもしれませんが、今となっては残念です。プライベートでソロ盤を残してくれても良かったのに。
 こちらにはさすがにPaulくんとThomasくんのデュエット盤の記載もありました。関係盤が全部abbeyから出ているのも、さすがです。
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
カウンタ設置 2010/05/30