ボーイ・ソプラノ Pontus Lindqvist ~ 子どもたちだけで歌ったメサイアのソリスト2016年10月15日 16時09分01秒



Georg Friedrich Handel
MESSIAS för unga röster
1998年3月29日Live-recording from Oscar Church,Stockolm

 ソリストがボーイ・ソプラノとガール・ソプラノ、そしてガール・アルトで、合唱も少女と少年のみで、メサイアを録音してしまいました。しかも、ライヴです・・・やっちゃってくれましたねぇ! 拍手喝采です。
 プログラムを確認すると、完全全曲版ではなくて、ピックアップ版かもしれないですが、こんな冒険盤には、なかなかお目にかかりません。男の子の声だけではなくて、女の子の声も混じっていますが、年齢が若いためか、なかなかに爽やかな音質で、潔い歌い振りです。この若さ純粋さの勢いが、全てを超越してる、そんな演奏だと思います。
 考えてもみてください。教会で、この大曲を子どもたちだけで演奏しきってしまったこと、それをライヴで残してしまったことが、どんなにスゴイことなのか。
 Pontusくん、Rebeccaさん、Annaさん、のソリストさんも立派に大役を果たしました。量的にもソロの主役とも言えるPontusくんの、こわれそうなほどに繊細なクリスタルグラスの響きの美しさ、Rebeccaさんの安定感、、Annaさんの少女声的な響きの切なさ、それぞれに味わい深かったです。Pontusくんよりも、少女声の二人は比較的上の年齢の団員が選ばれたように感じました。
 この盤を聴く限り、乱暴に言えば、マタイもあっさり歌いきってしまいそうです。酸いも甘いも知り尽くしている大人故に出来る演奏と、人生の喜怒哀楽が真の意味で身に染みていないからこそ出来る演奏があると思います。その意味で、若い、幼いということは、一瞬の貴重な時代かもしれません。
18.How beautiful are the feet of them
19.I know that my Redeemer liveth
あたりは、ソロで歌われることも多いですが、この盤では合唱です。食べる苦労をしていないがゆえにサラッと歌うことができることの素晴らしさを感じた2曲でもありました。
 とにかく、ライヴ会場に居たとしたら、スタンディングオベーションしていたことでしょう。ブラボー! オスカー少女合唱団 オスカー少年合唱団 オスカー児童合唱団。ブラボー! Pontusくん、Rebeccaさん、Annaさん。

ボーイ・ソプラノ Pontus Lindqvist ~ 青く成熟した少年ゆえのソプラノ2015年03月22日 20時57分34秒



 このCDはリアルタイムでは入手できず、ずっと聴いてみたいと思っていたものでした。それが、sounds'Libraryのサイトで、Wingさんの原稿を読み、欲しい病が再発、検索したら今までかすりもしなかったのに、今回は、幸いUSアマゾンで高額中古のCDを見つけて入手に至りました。
 クリアで安定したやさしいソプラノで、CD全体の完成度も高いと思いました。それと器楽演奏が良くて、彼の声を愛しげに包んでくれている感じに和みます。半分ほど、私は初めて聴いた彼の国の曲でしたが、5番の曲なんか可愛らしく彼の声に似合っていました。
 その他、聴きなれたB-S向きの名曲が収録されています。特定の国のB-S以外のCDは、なかなか手に入れることも難しいですが、アマゾンでダウンロードは出来るようなので、お気に入りの曲だけでも(声が出ていながらも声そのものがどこか儚げな)彼の声で聴いてみて欲しいと思います。ただし、名探偵コナンの戦慄のフルスコアをご覧になった方には編曲がコナンの方が良いと私は思うので14番の曲はおすすめいたしません。

故郷の街で家族と一緒の楽しいクリスマス~ Adolf Fredriks Gosskör2011年11月27日 14時11分30秒





In the bleak mid-winter(SCD1139)

 そろそろクリスマスですね~。心の中に暖かい暖炉の火とゆり椅子が欲しい季節が近づいています。街の喧騒とは無縁に。(って田舎暮らしの私が言うことでもないか・・・)

 さて、この合唱団。
 ザラザラした音、とでも言いましょうか。個々の声を均さない音が集合したときの気持ち良さを合唱に感じました。イギリスのキャロルっぽい雰囲気で始まるのだけれど、私が面白いと感じたのは4曲目。・・・ホッホッホ~とか、・・・ノンノンノン~とか、鼻にかかった合唱で歌われるのが楽しいんです。
 この合唱団は、私の耳には、ソプラノ、第2ソプラノ、アルトもしくは、ソプラノ、アルト、第2アルトって感じで音域が意外と広い。変声間近?、もしくは変声中?っぽいような男の子のザラついた声が魅力的に感じます。そこが合唱を自然に感じ、リラックスして聞くことができる所以かも。
 タイトルにもなっているのは有名な曲ですが、なかなか聴くことのない曲、聴きなれない曲がとても素敵です。男声ソリストさんが入っていますが、それはそれで良いものですね。
 都会暮らしの人に、幼い頃に家族と過ごした故郷の街でのクリスマスを思い起こさせるような演奏にも思います。
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
カウンタ設置 2010/05/30