THE VIENNA BOYS CHOIR "DEUTSCHE VOLKSLIEDER SCHWABEN" ~ 故郷のような懐かしさを感じさせる地の民謡2009年09月27日 14時37分46秒

THE VIENNA BOYS CHOIR "DEUTSCHE VOLKSLIEDER SCHWABEN"

DEUTSCHE VOLKSLIEDER
SCHWABEN (Bertelsmann Schallplattenring HI-FI 36 818)

このカバー写真を見たときに、まず、SCHWABENの文字が目に入り、それから、絵葉書のような佇まいに見入りました。

SCHWABEN!

萩尾望都氏の「トーマの心臓」で
ユリスモールくんのモノローグに
「ザクソン
シュワーベン・・・(以下略)
ドイツ国の基となった六つの種族 そこにぼくの父はいなかった」というのがあって、今回は、
「WIENER SÄNGERKNABEN」+「SCHWABEN」で即、お買い上げ状態だったのでした。


Ltg.. Gerhard Track 氏です。もう一人、居ますけれど。

男の子のデュエットが聴こえて来たりするので、そこがWSKかな、とか思いましたが、もう1団体、シュトゥットガルトのCHOIRが演奏しているので、寄せ集め録音かな?
昔の録音ですが、おおぉっっと大袈裟に感動するほどではありません。普通に良いなあ程度です。

私は職場と自宅の往復で、お休みの日は、「玄関の外には出たくない」タイプですが、こういう写真を見ると、ワープして行ってみたいと思います。

「トーマの心臓」で出会った名前とか地名が、心に沈殿していて、いつの間にか、かつて一緒に過ごした人とか、過ごした土地化していたりします。
それだけ私にとっては、色褪せない世界なんだと思います。

当然、ヨーロッパの田園風景とか、そこで歌われている民謡は、テリトリー内的存在、という訳です。

コメント

_ こびとかば ― 2009年09月28日 23時24分47秒

Nyanda 様、さすがですね~
ユーリの、たぶん一度きりモノローグに出た単語が即出てきちゃうんですね。
不覚ながら私は、ああそういえば、そのフレーズ・・
と思い出させていただきました。

私はシュワーベンと聞くと、アロイスが出てきました。
「シュワーベンのぼくのいなか」
とか言ってたような?

_ ひろちゃん ― 2009年09月29日 22時20分15秒

いい景色ですネ。
昔から 憧れている ドイツのイメージそのものです。

「トーマの心臓」・・懐かしいです。
当時 高校生でしたが、リアルタイム読者です!
萩尾望都さん、好きでした。

池田理代子さんの 「オルフェウスの窓」も同じくで、ドイツの音楽学校かぁ・・などと こちらも 憧れしまくっておりました(笑)。
舞台となった レーゲンスブルクという街を知ったのも この漫画です。
その後、 「レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊が すごい実力」ということを 知りました。

芋づる式に どんどん思い出が出てきます。
本当に 懐かしいです!

_ Nyanda ― 2009年10月03日 16時41分51秒

ひろちゃん 様
こびとかば 様

 ホントにステキな風景ですよね。
左奥の黒っぽい森みたいのが、アロイスくんのご実家なんでしょうか?
 心やさしいルカくんの方が好きだったもので、この作品の存在を消去していました。

 もしも、トーマの心臓の舞台がイギリスの寄宿学校だったら、もしかして、私たちは、クロイツやトーマナやレーゲンスではなくて、キングスカレッジや、オクスフォードを、今まで以上に聴いていたんでしょうか?

 同時代の漫画家さんたちもドイツ・オーストリア・パリ木を話題にしても、あまりイギリスの聖歌隊系は話題にしませんでしたよね?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
コメントの上の欄に  少年合唱 の文字を入力願います。

  少年合唱

コメント:

トラックバック