自信に満ちたソリスト~ Alois Mühlbacher2011年11月28日 20時16分35秒



ALOIS-At Midnight (PR 91192)
 1作目より、声が幾分、落ち着いたのかな?と思います。
歌は、上手だと思います。声もとても出ています。
 ピアノも相変わらず良いと思います。BSのソロCDはたくさんありますが、ファルンベルガー先生のピアノで歌えるなんてアロイス君は幸せだと思います。
 マーラーやシュトラウスという選曲も素敵ですよね。
 アルバムカバーも渋くて良い感じです。

 1曲1曲は、申し分ないんですよね。バッチリ、決まっていますから。表現に自信があるんでしょうね。たぶん。声に余裕もあるんでしょう。たぶん。

 ・・・でも、ALOIS君の声と演奏は、今回、私が考えるボーイ・ソプラノの魅力のエリアから外れてしまったみたいです。
 私の場合、キレイキレイに歌おうとする心根を感じてしまうとダメかも。繕っちゃダメ、ボーイ・ソプラノは。声が出ていればOKというわけじゃないんですね~、私の場合・・・。
 
 激しさと心の抑制と。声だけではなくて、自分自身のハートもコントロールしてこそ、聴き手は感動するのでは? 声がコントロールできていないと思うところもありましたし、品質が落ちている音と感じるところもありました。なんて、気になるあたり・・・私には向いていないBSなんでしょう。それだけのことです。

 なんといっても、選曲が良くて、上手なんですから。

ボーイ・ソプラノとピアノの響き~Alois Mühlbacher UNERHöRT2011年03月22日 17時12分55秒



ALOIS-UNERHORT The Boy and his Voice (PR 91185)

    私のCHOIR友だちのタイプではなかったために譲り受けることができたCDです。

 アロイス君。悪くはないと思うんですよね。オペラチックで。女声的って聞いていましたが、そりゃ真っ直ぐ青竹系でも爽やか清涼系でもないけれど、この声はこの声でアリだと思います。決して女声ではないし、ギリギリのところで、少年の声です。女声系にありがちな、ちりめんヴィヴラートもありません。声、ちこっと濁っていますけれど、情感もあるし、果てしなく広がって行き、上手だと思います。

 合唱団指揮者のファルンベルガー先生のピアノも大好き。相変わらず、瑞々しく艶っぽいです。(先生のピアノの音、1980年代にWSKアルバム(PHILIPS・30CD-3052)で意識して以来ず~っと大好きですよ~って先生には届かないか?・・・)

  アロイス君、変声期を迎えているのかな? でも、録音の時期もまずまず、良かったと思います。録音の場所も良し。声とピアノの響きも伸びも麗しい。
 選曲が豊かにもオペラしていますが、確かにこの少年の声には、宗教曲よりもオペラの方がお似合いです。アロイス君の華やいだ声が腕の確かなピアノとの共演で、すんごい完成度を誇るCDになったと思います。
 プロの女声よりも私はアロイス君のこのCDが聴きやすい。このソリスト君の成熟した声に、合唱団員くんたちの普通の子どもっぽい声が絡んできたとき、その味わいに泣けそうになってしまって、私は、改めて少年CHOIRが好きなんだと自覚しました。

  そして、なんといっても、アロイス君とともにデュエットするピアノ。これ、伴奏ではなくてデュエットです。ピアノが歌うってこんななんだ!って感じです。先生、ブラボーです。密かにず~っと先生のファンしていて良かった。聖フロリアンも先生も大好き。ファン人生に悔い無し!なのです。
 ソリスト君の集中力も途切れない、真っ向勝負的な、心意気も高く仕上げたCDだと思います。

 特にもお気に入りは「6.O mio babbino caro」
 今まで何人かの演奏を聴きましたが、私の耳には、このCDのアロイス君と先生の演奏がベストワンの演奏です。夢幻のごとく麗しい響きです。この1曲だけでもお値段分の価値はあります。聴いてみてください。

聖フロリアン少年合唱団 ~ フロリアン君のスタバト・マーテル2008年12月29日 19時48分12秒

聖フロリアン少年合唱団

Retten wir St.Florian! (DDD Stereo St.Florian 92-01) 
1992年録音。

PERGOLESIのSTABAT MATERの演奏は、私にとっての”標準”ヘニッヒのと比較して幾分テンポが遅いような気がする。

しかし、曲の進行とともに、声がダイナミックに盛り上がって行く。

ソリストは、90年来日のFlorian MeixnerとGregor Bauermschmiedt。

ジャケットの写真は、来日時よりも大人びている。
今はもう、三十歳を越えた青年?で、想像もつかない。

さて、フロリアン君たちのスタバト音源は組み合わせとカバー写真を代えて再発売されました。

でもこちらのカバーの方が好き。

音楽とは関係ないですが、制服も、前のほうがスッキリしていて好きでした。
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
カウンタ設置 2010/05/30