ボーイ・ソプラノ Timothy Lanigan ~抜群の安定感と女声的な落ち着きとキレイな声の伸び2017年01月05日 15時14分12秒



  Timothy Laniganくんは、コンテストで優勝したり、コンサートでソリストをする等、相当に活躍した少年のようです。ですが、日本ではほぼ無名状態。トレブルの世界の拡がりと奥深さを感じます。
  the Sixth Dayというタイトルですが、アタリを付けて創世記を見たら、6日目というのは、神の形に似せて人間が造られた日、なのですよね。
   神と違って万能ではないけれど、地上で神の形に一番近い生物として、生まれたことを感謝し神にいただいた人生を初々しい気持ちで謳歌しなさい、ってことですかね。
    さて、Timothy Laniganくんは、釣書通りの実力派。支えるオーケストラもプロ級です。ですが、私が聴くには女声に傾いているようにも思えます。もしかして一人女声が参加しているのでしょうか? デュエットなど、モロに女声を感じます。女声的な安定感にも、本当にボーイ・ソプラノ? とか斜めに聴いてしまいそうです。女声っぽいテイストとはいえ、雌鶏系でもないので、このソリストくんは需要があったことでしょうね。ん~、Naoさんの感想を聴いてみたいところです。聴いている今も、少年声か女声かって、わからないなあって。音の始まりは少年声ですが、フレーズの真ん中あたり音を伸ばすところなんか女声と勘違いしてしまうのです。昔、Abbey系の教会LPを聴きながら、ソリストをボーイかガールか判別できなかった盤のときみたいです。
  ですが、数曲目ともなると、この声は、ボーイ・ソプラノでしょうね。抜群の安定感と落ち着きとキレイな高音の伸びが若い女声と錯覚してしまいました。 ・・・少年の声の無垢さとは私が持っているとイメージと違いますが、キレイ過ぎる歌い方。6日目に造られた人間も、Timothy  Laniganくんの声のように最初はキレイなハートだったのでしょうか?
 Hetsujiの好みとしては、たとえどこか壊れていても、青竹系の真っ直ぐな冷たい声が好きなので、好みのテイストからはちょっとずれますが、この表現力は素晴らしいです。完璧なソリストなので、本当に男の子なのかどうか、映像で歌っているのを見てみたいと思いました。
 男声アルトが入っているようなのでTimothy Laniganくんだと思った声がアルトで、女声だと勘違いした声がとうのTimothy Laniganくんなのかもしれません。静かな旋律の多い盤でした。・・・ん~、この期に及んでも、やはり女声に聴こえてしまいますね~。



***
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。11月15日以来の更新になります。聴いていなかったわけではないんです。更新するのが面倒だっただけで。

12月1日までに聴いた録音。

1月1日までに聴いた録音。


お探しの録音はこちらのページから。

です。sounds'Libraryの方は、月に1度は更新しておりますので、サイトの方もどうぞよろしくお願いします。

ボーイ・ソプラノ Mark Donnelly ~ 硬度の高い原石が、磨かれて磨かれて、最高のカッティングで響いて輝いている声2016年11月01日 12時20分02秒



 前作Hallelujah Handelでの、不完全燃焼感を払拭してくれる出来栄えのCDです。カバー写真には似合わないほどの正統派クラシックです。何故に、このような映画っぽく楽しい写真に? 内容的には、聖歌隊のカソックにメダルの1個か2個をぶら下げて、大聖堂を背景にしたカバーが似合う演奏なのですが。もしかしたら、プロのソプラノやテノールのCDと比較しても遜色なく、「ボーイであること」の域を超えた演奏かもしれません。例えるなら、セバスティアン・ヘニッヒとか、バッハ大全集で活躍したボーイ・ソプラノたちの後継にも思える演奏です。伴奏や指導者も在ると思うのですが、指導の良さもヒシヒシと感じます。音楽を学んだ結果の演奏です。大全集のソリストたちとの違いは、「艶」かもしれないです。どこか、華やかに輝く声なのです。
 1年前の原石が、磨かれて磨かれて、最高のカッティングで輝いている、感じです。
 もう一つの顔として、トップトレブルとしての自信と責任も負った演奏だとも思います。まだ若いトレブル Nicholas くんとのデュエットにも、それを感じます。
 Markくんは、やわらかく優しく変貌を遂げました。その響きたるやボーイ・ソプラノの神髄とも言えましょうが、1年前の硬質感が出ていた頃の声も私は好きです。Markくんは、そのときどき、声の変遷が理想的だった幸運な少年だったのでしょう。

 ものっすごーく時間をかけて、ようやく入手したCDなのですが、これは、子ども向けの音楽ドラマで、ターゲットのMarkくんは、登場人物の一人Thomasくんとして、歌うだけです。全面的に彼の演奏と信じて購入したので、失望感が・・・。出だしが馬の嘶きでしたから。
 ですが、数少ない 彼のソロは、ボーイ・ソプラノ・ソロの醍醐味とも言えるピーンと張りつめた糸を弾いたときに出るクリアな輝きの声で、その繊細な細さ、高さ、振動が、素晴らしかったです。(わりあい、活躍の場はあるものの、ナレーションとか・・・歌に被さって欲しくなかった・・・です。)
 音楽物語として繰返して楽しむのでしょうか、この話。
 季節とか子ども時代のある時期に必ず聴くような定番の物語なら、このクオリティで作られたのは素晴らしいことですが、その場限りならMarkくんの歌声は本当にもったいないと思います。Markくんのソロだけで十分です。そういう録音が欲しかったです。時期的にも良かった時の声だと思いますので。  

ボーイ・ソプラノ POP ルネ・シマール ~ 待ちわびた復刻2枚組CD2013年06月01日 12時04分53秒


ルネ・シマール ゴールデン☆ベスト リミテッド(DYCL 362~3)
やった!やった! やっと、手に入れました。今、届きたてのホヤホヤです。
しつこく2度目の復刻を信じて待って良かったです。テルツの復刻盤は音がイマイチだと聴いていたので、どうかなと心配したのですが、それなり音源管理は悪くなかったようで、聴き始めたら、一気にルネ・シマールの世界に浸ることができました。やはり、ルネって、私には特別な存在で時代の思い出に刻まれた歌い手だったのだと感じました。昔、来る日も来る日も聴き続けた声です。初めてお小遣いで買ったLPがパリ木74とルネでしたから。
子どもの声ですが、どこか時として物憂く暗いフランス語(日曜日の午後)も記憶通り。小さな生命では、ルネの声に合わせて訳のわからないおフランス語を言えてしまうのですから、当時のファン(Hetsuji)ってきっとこんなふうにルネの歌の世界にのめりこんでいたのでしょう。
ルネの声にはCDという媒体もマル。大好きだったけれど、一気に駆け抜けたファンとしては75年以降の曲はあまり知らなくて、収録された曲には初めて聴く曲もあり、楽しめました。日本で発売されたCDでもあり、国内での曲が多く網羅されているのもポイントが高いと思います。構成(曲順)も良くて飽きさせないようになっています。カナダで発売されたルネの復刻CDと比較しても遜色ないというか、日本人にはルネのCDとしてこの盤が最高だと思います。
nowbsblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ガス給湯器給湯器 世田谷区里親募集 犬里親募集 猫インターネット広告代理店dvddvd 300dvd 200
サイト売買 保険 オンラインカウンター ページランク 出会い 出会い エステ 美容整形 クレジットカード
消費者金融 キャッシング ローン 無料ホームページ 無料メールフォーム メールフォーム 社長ブログ アクセスログ解析 アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器地デジ アンテナアンテナ工事
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策インターネット広告代理店裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
カウンタ設置 2010/05/30