豊かな感情表現の揺れと涼やかさと~ドラケンスバーグ少年合唱団2008年07月03日

o for the wings of a dove (DBC 30)
o for the wings of a dove (DBC 30) 録音年不明

内容は同じですが、デザイン(色)違いの盤があって
つい、2枚とも入手してしまいました。
カバー・コレクターと化しています。
情けない。

正直に言うと
最初のDrakiesたちとの出会い(ムロン録音ですケド)では
歌の余りのエネルギーに恐れおののいてしまい
即、撤退してしまったのですが
LPと出会ったことで
夢中になってしまいました。

レコードの世界での彼らは
現在の彼らからは想像できない
どちらかというと
出発点のWSKを連想する演奏です。

そのうち次第に無国籍ヨーロッパ系になり
そこに感情豊かなおぺらちっく歌唱が
現れたりします。

この盤では
タイトルにもなっている o for the wings of a dove は
10分もの曲ですが
このソリスト君
愛や死や喜び悲しみ怒りを歌うオペラのごとく
感情表現が豊かです。
イギリスの新聞で
E.Loughと肩を並べて賞賛されたらしいソリスト君ですが
私は最初に聴いたとき
昔の女声のように
余りに感情が揺れるので
ちょっとだけ悪酔いしてしまいました。


聴きなおすと「スゴイ」表現力です。
とくにf系よりもp系のコントロールが上手いのです。

このソロを聴いたあとで
盤をひっくり返すと、元気溌剌な男の子の、涼やか系お子さま声の合唱。
かなりのギャップが新鮮です。
このとき「現在とは全く違う団体に近い」と記しておきます。
ただし後年に花開く現在のDrakiesらしさの
「種」や「芽」は内包しています。

この盤の賞賛されたソリスト君
B面でのI heard a Voice では
デュエットを披露してくれます。
もう一人のソリスト君がまたまたスグレモノです。
いかにも男の子の声で(私はこの団員君の凛々しい声が特に好き)
そこに賞賛ソリスト君の声が重なって…麗しい。
ん~賞賛君はやはり芸術的かもしれません。
新聞評は伊達じゃない、ってことで。

Drakiesは、ソリストを輩出するCHOIRなのだと
改めて感じてしまう1枚です。

この盤を聴かれた方
I heard a Voice…良いですよね。

コメント

_ こびとかば ― 2008年07月03日 23時49分28秒

にゃんだ様

わ~良さげな盤ですね~
オペラっぽい O for the wings って聴いてみたい‥
さらっとしたのしか聴いたことないですから。
あ、Loughは濃いめか。

えと、お待たせしました、なんておこがましいですけど、choirネタやっと書きました。が‥リ○○関連なんですが‥ここにトラックバックしちゃってだいじょぶでしょうか?
ドシロウトな質問でごめんなさいです~

_ にゃんだ ― 2008年07月04日 05時05分56秒

こびとかば様

リ○○関連が
何の関連なのかにゃんだには理解不能なのですが
(もしかしてリベラ?)
良いか悪いかは見てから考えますので
お知らせ下さい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
コメントの上の欄に  少年合唱 の文字を入力願います。

  少年合唱

コメント:

トラックバック

_ 雑草庭 - 2008年07月04日 08時51分02秒

リベラ聴いてます、珍しく。‘新しい夜明け’。 今度の新譜は選曲が好みだったので購