ウィーン少年合唱団 ~ 以前 映画で聴いた歌声のよう?2008年11月24日 08時47分53秒

ウィーン少年合唱団

世界民謡の旅(PHILIPS 15PC-129)(アマデオ原盤)
指揮:ヘルムート・フロシャウアー(
Side B:2:7 フェルディナンド・グロスマン)
Recording Dates and Place :1964,12 Wien / 1960 (Side 2:7)


 昨今来日する団員のうち、大きい団員のみを集めて編制したかのような落ち着いた歌声であり、情感を込めて歌っているようにきこえる。

 微妙な違いなのだろうが、小さなことの積み重ねが、結局は、別団体でもあるかのように、過去の録音が残ることになった。

 64年来日組はもしかしたら映画「青きドナウ」のメンバーかもしれないし、そう思い込むと以前映画で聴いた歌声のようにも聞こえてくる。

 このときは、天使の歌声系の声と比較すると、まだ少年を感じさせる音があったように思う。

 個人的には、EMI盤(の繊細さの最高峰)の方がもっと好きだが、表現力を感じさせる盤であることには違いない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
コメントの上の欄に  少年合唱 の文字を入力願います。

  少年合唱

コメント:

トラックバック